ichigojam(A/V)出力型の製作、完成。

今回で、ichigojam(A/V)出力付き、ichigojam基板の製作は、完成となります。


*このブログを参考に作業される方は、自己責任で行ってください*

今回の作業内容は、基板にプログラム外部保存用、EEPROMを取り付けたいと思います。

まず、材料として、秋月電子で、EEPROM(1MBit)[24FC1025-I/P]、ICソケット[2227-08-03](10個入り)、カーボン抵抗1/4W 2.4kΩ (100本入)を購入しました。

ICソケットを取り付けます。下写真の水色の印しの位置に、ICソケットを差込み、右上と左下の2箇所仮り止めします。次に、基板裏中央、GNDライン下を、左に(7穴)分結線します。 詳細は基板結線図を見てください。
画像


抵抗を取り付けます。スペースがあまり無いので、抵抗を、縦付けします。抵抗の片側を折り曲げて、写真の水色印しの位置に、線の折り曲げたほうを写真の下向きに縦に差し込み、折り曲げた線側を仮半田付けします。
画像


ICソケットの裏を、ストリップ線などを使い、結線して行きます。
基板結線図とEEPROMのピン配置を、見ながら結線してください。

画像


最後に、EEPROMのSDA(5番ピン)をマイコンの、IN3(5番ピン)に接続。EEPROMのSCL(6番ピン)をマイコンのEX1(27番ピン)へ接続すれば、配線は終わり、完成です!。

動作確認として、LED点灯、タクトスイッチ(自動スタート)、プログラムの(SAVE/LOAD)プログラム保存番号、 100〜227番の、128個保存出来るようになりました。

画像




基板結線図
画像



次回、暇つぶし工作の内容は、未定となっています。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック